小野川湖の詩(1)

e0271864_84174.jpg


         
         この地裏磐梯は 深まる寒さに向かう候でありましょうに
         温かく、風も全くなかった
          
         小野川湖畔に入り込むと
         濃い ベールに身を覆っていました

         聞こえるのは、時々雪が融けて 
                  木々から したたる 響(おと)
                  鳥のささやく響(こえ)
                  雪を踏む響(おと)
         

by t-higasikouji | 2014-02-06 09:00 | Comments(6)

Commented by koba222 at 2014-02-06 11:24
小野川湖畔は素晴らしい情景ですね。
ピーンと張った空気の中で
時おり聞こえる響(おと)
歌(詩)の中に溶け込みそうです(^○^)
Commented by gigen_t at 2014-02-06 19:27
とても 素晴しい作品、 雰囲気伝わり来ます、
Commented by iadnab at 2014-02-06 21:46
こんばんわ
融けた氷の所に出ている真ん中の小さな木に
私は視線が行きました。
この雪に覆われた世界に見える小さなともし火?
一寸うまく言えませんが
何時までも見守って居たい景色ですね
良き作品ですね。
Commented by t-higasikouji at 2014-02-07 00:51
koba222さん いつも コメントありがとうございます。
今回の寒波は、そちらの方も大分冷えたのでしょうね。
Commented by t-higasikouji at 2014-02-07 00:53
gigen_tさん 今晩は
霧がかかり とても神秘的でしたが表現が・・・なっていませんです(苦笑ものです)
Commented by t-higasikouji at 2014-02-07 00:56
iadnabさん 今晩は。
今回のロケも楽しみでしょうね。人数が多いようですが、その分得られることも多いと思います。
アップ楽しみにしております。
いつもコメント感謝致しております。