蒼の朝に・・・

e0271864_23434672.jpg



     凍てついた朝は 蒼の世界
     なんて 不思議なのでしょう・・・
     何の音も聴こえてきません
     風の流れの音さえも 

     ただ 聴こえるのは
     自分の 胸の鼓動だけ
     それだけなのです

            201512・26     撮影日
            裏  磐  梯      撮影地

by t-higasikouji | 2016-01-06 23:51 | Comments(12)

Commented by niharu00 at 2016-01-07 08:54
朝の早い湖 蒼の世界 何と素晴らしい思い出 流石ですね
Commented at 2016-01-07 11:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iadnab at 2016-01-07 11:32
霧がかかり風も無い様ですね。
余りの寒さに風も固まってしまったのかな?(笑)
雪が木に付き美しい光景ですね。
素晴らしい!!
Commented by lamymama at 2016-01-07 16:08
遅らばせながら明けましておめでとうございます。

t-higasikoujiさんのブログを見ると
心が静かになります。


ずっと、何度も見たくなる写真で
気持ちが穏やかになります^^
裏磐梯 ここに行ってみたくなります。
なかなか行けない場所なので、こうやってUPしてくださるのが
嬉しいです。

今年もt-higasikoujiさんのブログを楽しみにしています(*^_^*)
Commented by ぺこ at 2016-01-07 19:28 x
自分の胸の鼓動が聞こえる程の静けさの中に身を置いて
自然と一体になって自分を見つめ直してみるのもいいですね。
t-higashikouji さんの魂の原点はこんなところにもあるのかもしれませんね。
Commented by チャトラ at 2016-01-08 13:31 x
蒼の世界に吸い込まれていきそうです。
これまで“雪景色=モノトーン”と、脳内変換してきたことに気づきました。
グレースケールではなく、そこにブルーが加わると、また違った世界になりますね。
心が洗われるような美しさです。
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:16
niharu00さん コメントいつも ありがとうございます。
朝やけも 勿論素敵ですが
このような光景にも とても 惹かれます。
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:18
2016-01-07 11:12 の鍵コメさん
コメント ありがとうございます。
今頃の季節 残り柿に雪・・・のイメージをして
予定を組んでおりましたが、叶わぬ夢・・・・でした。
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:20
iadnab さん こんばんは
とても 寒さを感じる光景なのですが、
お陰さまで風がなかったので
それ程 寒くは なかったのですよ!
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:25
lamymama さ~ん 
あけまして おめでとうございます。

心静かになる・・・・
何度も見たくなる・・・・
とのお言葉 
とても 嬉しいです。

それにつけても
lamymama さんのブログは、
凄く充実 なされておられますね!
身がいのある 素晴らしいブログだなぁ~と
感嘆しております。
今年も宜しくお願い致します。
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:29
ぺこさん こんばんは
素敵な コメントに感謝致します。
このような世界に おりますと 
怖さまで感じるほどです。
すーっと 深いところまで 沈んでしまうのでは・・・
等と・・・・。
 素敵な時間でした。
Commented by t-higasikouji at 2016-01-08 19:38
チャトラさん こんばんは~!

私も、この世界に佇む時
吸い込まれていくような感じでした。

「・・・グレースケールではなく、そこにブルーが加わると、また違った世界になりますね。」
そうですね、ブルーが入ると、「生」「命」が育まれだす。と私は感じます。
あお・青・蒼・藍・・・・・・
沢山のあおがありますが・・・
海のあお・地球のあお・・・いずれも「命」を育んでおりますよね。
マザーテレサのサリーにはあおのライン。(とても好きな人なのです)

なんだかんだと述べておりますが、そのように 勝手に思い込んでおります。
コメントありがとうございました。