光芒(2)

e0271864_22553222.jpg



                   白石 新館にて撮影

by t-higasikouji | 2012-12-17 22:58 | Comments(14)

いじらしい 命

e0271864_22301564.jpg


e0271864_2384981.jpg


           宿の庭園にて(蔵王町 別邸大忠)


   宿の庭石に 

  こんなに寒いというに
  黄緑の 初々しい 苔が 生えていました

  前夜の 雪が
  うっすらと積もり
  朝陽が 木々の間から差し込み
  はじめました

  苔も どんぐりも

  寒さは 苦に ならないようです

  いじらしく 命は 育まれていました
  

by t-higasikouji | 2012-12-16 22:57 | Comments(10)

合掌

e0271864_20164869.jpg


    柿の木は
    今ごろは、数個の実が 残っているだけなのに

    多くの赤い実を残していました。

    二本の柿の木が 

    お互いを支え合い 雪降る中で 合掌 していました

    何を願い 合掌 しているのでしょうか

    震災で 苦しんでいる人々を・・・

    病で 苦しんでいる人々を・・・

    貧困で 苦しんでいる人々を・・・

    そうです。

    その多くの人々の為に

    慈悲のこころで 合掌 しているのです

    この柿の木も  苦しく 悲しい事が 多いのに・・・・
    多くの人々の為に 合掌しているのです

by t-higasikouji | 2012-12-12 20:29 | Comments(14)

雪降る朝

e0271864_7231730.jpg


e0271864_7265319.jpg


e0271864_728188.jpg


         雪降る朝

          朝陽を これから いっぱい 浴びようと していた

          昔流れた 「朝陽のあたる家」

          それを 思いだした

by t-higasikouji | 2012-12-10 07:31 | Comments(6)

雫のシンフォニー(4)

e0271864_2242396.jpg

  

                白石川 河原

もう、花もなく  
所々に わたげ だけが 朝露に 濡れていた

雫を いっぱい 宿し
首を重たげに 垂れていたり
痛々しげに 折れていたり している
         
そんな 重たく  痛々しげな 想いを

朝陽は ひとつ ひとつ 
消して くれている

またひとつ 輝きながら 消えていく
   
             

by t-higasikouji | 2012-12-08 22:51 | Comments(8)

雫のシンフォニー(3)

e0271864_1837161.jpg



     我が庭の 南天の葉

     朝陽の パープルの色を 受けて

by t-higasikouji | 2012-12-07 18:42 | Comments(16)

我が家の庭

e0271864_221926.jpg


   うさちゃんのお水やり

by t-higasikouji | 2012-12-06 22:20 | Comments(8)

霜の妖精(2)

e0271864_9401447.jpg


     河原 育ちの ブロッコリー


お詫び と 訂正
  前回 カリフラワー と 記載致しましたが
  正しくは ブロッコリーでした。
  謹んで お詫びと訂正をさせて頂きます。

by t-higasikouji | 2012-12-05 09:45 | Comments(6)

霜の妖精(1)

e0271864_16395765.jpg


      河原のすそに

      狭い 畑が ありました

      霜が びっしり

      寒い 朝でした

      でも ブロッコリー は

      逞しく 霜 の 妖精たちと

      ほほ笑みあい 楽しそうでした

by t-higasikouji | 2012-12-04 16:43 | Comments(8)

静寂のときへ(2)

e0271864_6532641.jpg


e0271864_6535161.jpg


            白鳥が 時折 群れをなし 

         この 寒空 を 飛んで いきます       
 
         あの 美しい 白鳥の 鳴く 声さえ

         何故か 淋しく 感じます

         川面の 静寂 と 澄み切っている
         空気 の せい でしょうか

by t-higasikouji | 2012-12-03 07:03 | Comments(5)